車買い替えするか車検に出すかどっちがお得なのか

 

買い替え

もうすぐ車検。車検の時期になると車買い替えも検討して、車検に出すか買い替えるのか迷う方も多いですよね。

損得で考えるなら、基本的に車は車検に出すほうが経済的な負担は少なくなります。
ですが、今乗っている車が少し古くなり、この車にお金をかけるくらいなら、いっそ新車に買い替えてしまいたいと考える人もたくさんいます。

 

車は長く乗れば乗るほど下取りはつかなくなり、次に買い替える車の頭金にすることはできなくなります。
車買い替え時期は、今乗っている車の下取りがつくうちに査定額を頭金にして買い替えるのが一番いいと考えます。

 

車買い替えを検討する人は、車好きな人で新型車がでるとついつい欲しくなってしまうんですよね。
新しい車は性能もいいし、燃費も良くなっています。
また、家族構成が変わり子供を乗せるににミニバンが欲しくなったなどのケースもあります。
うちも子供が生まれたことによりミニバンに買い替えをしました。

 

ですが、車買い替え時期は、一般的に一番多い時期はいつなんでしょうか。
それは、中古車市場を見れば一目瞭然です。

 

中古車で一番人気のプリウス。
中古車で一番多く販売されているのは7年落ちです。
次が6年落ち、8年落ちと続きます。

 

この状況から5年目の車検、7年目の車検で車買い替えをする人が一番多いとわかります。
プリウス中古
5年目だと130万〜150万買取価格も100万以上期待できますね。
ですが、9年目以降だと中古車価格も50万となり、買取価格も30万前後くらいと想定されます。
つまり、車買い替えで次の車の頭金を考えると5年目か7年目の車検前に買い替えるのが一番いいと考えます。

 

しかしながら、車は買い替えずに乗り潰すのが一番経済的です。
しっかりとメンテナンスをすれば今の車は13年は十分に乗れます。
ですが、欲しい車がある場合はタイミングよく車を買い替えるのが一番いいと考えます。
支払に無理がなく、欲しい車があるなら車を買い替えるべきです。

 

ここで大切なポイントがあります。
あなたは、新車に車を買い替える場合、今乗っている車を下取りに出していませんか。
車を買い替える場合、下取りに出すと損することがあります。

 

ですが中古車価格は7年落ちで270万から30万まで差があります。
ディーラーに下取りに出すと一律安い査定額が付いてしまいます。

 

では、みんあどうやって高く車を売っているのでしょうか。
それは買取店に出しているからです。
車買取店は中古車販売をするために車を買い取ってくれます。
つまり、高く売れる車は買取価格も高くしてくれます。
ナビやホイールが純正でなく人気商品の場合は、その付属品もプラス査定してくれます。
ですが、ディーラーの場合、純正品以外はマイナスとなります。
高額なナビよりも純正ナビ搭載のほうが査定額は高くなります。

 

ここで問題点があります。
ではどの買取店に出せばいいのか。
車の買取店は多数あります。
どこが一番高く買い取ってくれるのか、一件一件確認するのは手間がかかります。
ところが最近は一括査定という、買取店10社に一斉に見積依頼をして一番高い買取価格をつけてくてたところに売ることができるサービスがあります。
それが今の人気の車買取一括査定サービスです。
ネットで30秒くらいで必要事項を入れ、依頼するだけです。

 

 

もしあなたが自分の車を最高値で売りたいと思うなら、以下の一括査定サービス3つに見積してください。

  1. 複数申込することで自分の車の相場を知ることができます。
  2. 競合させると買取店は安い相場で提示できなくなります。
  3. 断るときは、他で決めてしまいましたと言えば簡単に断れます。

 

 

<車買い替えで利用する、買取査定サイト人気ランキング>

ズバット車査定

【提携業者数】215社

【最大査定申し込み数】10社
【査定業者選択】可能
ズバット車買取比較は株式会社ウェブクルーが運営する車買取一括査定サイトで、
車買取比較以外にも「保険見直し本舗」「引越し比較」「バイク買取比較」など多くのサービスを提供している会社です。
ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップルなどの大手買取業者から地域の買取業者まで幅広く提携しているので、効率よく査定申し込みができるのが特徴です。
累計利用者数100万人以上、困ったときのカスタマーサポートもあるので安心。
オークション形式で買取価格を競っていくので実際に一括査定の料金差が50万円以上になることも!
高額買取を目指すなら【ズバット車買取比較】を利用すればまちがいありません!

 

ズバット

 

 

かんたん車査定

【提携業者数】約50社

【最大査定申し込み数】10社
【査定業者選択】不可
かんたん車査定ガイドは株式会社エイチームライフスタイルが運営する車買取一括査定サイトで、
親会社の株式会社エイチームでは、引越し侍、すぐ婚ナビ、自転車通販cymaサイマなど多くのサービスを提供している会社です。
提携業者数は少なめですが、ほとんどJADRI(日本自動車流通研究所)会員の業者なので信頼感があります。
※JADRI:日本自動車流通研究所は中古車の円滑な流通を目指し、ユーザと事業者にとって有益な情報を提供しています。
そして、かんたん車査定ガイドの一番のオススメポイントは申し込み完了後すぐに車買取相場がわかるというところ!
信頼できる業者に申し込みでき、まず、車買取相場を知りたい人にもおススメです。

 

かんたん車査定

 

 

カーセンサー

【提携業者数】約530社

【最大査定申し込み数】30社
【査定業者選択】可能
カーセンサーは有名なので皆さんご存知の株式会社リクルートホールディングスが運営する車買取一括査定サイトです。
ネットが普及する前の中古車情報誌の代表と言えばカーセンサーを思い出す人も多いんじゃないでしょうか。
老舗な会社だけに中古車に関する情報も豊富にあり、提携業者数は他サイトとは群を抜く多さが特徴で、地域密着店やスポーツカー専門店など多種の業者が参加しています。
以上の特徴から、カーセンサーは大手買取業者の査定額に満足できなかった人にオススメです!

カーセンサー

 

 

 

 

 

買い替えまとめ

さて、当サイトは車買い替え時期についての情報サイトです。
車買い替え時期ならいつが一番得なのか?をテーマに、
・みんな、いつ車を買い替えしてるの?
・何年目に車を乗り換えるのがベストか?
・車を買い替える際の、下取りと買取の違い
・愛車を一番高く売る方法
などなど、、、
車買い替え時期に役立つ様々な情報を発信していきますので、どうぞ参考にしてみてください。

 

 

 

では、車買い替え時期ならいつが一番いいのか?

みんないつ車買い替えを検討しているの
最初に説明しましたが、車買い替え時期には5年目、7年目の車検前が一番多いようです。
車買い替えるキッカケとしては、

車買い替え時期のポイント

・車検が近づいてきたので【車買い替え】を検討し始めた
・家族構成が変わり今の車では不便なので【車買い替え】を検討し始めた
車買い替え時期の検討材料としてはだいたいこの2点がほとんどになります。
他に新型車が出たからなど、車好きな方は新しい車が出ると買い替えを検討するケースもありますが少数派だと思います。

 

この【車検】【家族構成】この2つの時期に買い替えニーズはなぜ出てくるのでしょうか?

 

車は古くなると「車検にかかる費用が高くなる傾向があります。」

 

そこで、高い車検費用がかかるなら、いっそのこと、車買い替えをして車検にかかる費用を新車購入に充ててしまおうと考えます!

 

また、赤ちゃんが生まれて家族が増えたりすると、「乗っている車では手狭になるいため、便利なスライドドアのミニバンが欲しくなった」など

 

便利さを求めて車の買い替えを検討するケースがあります。

 

また車を買い替える時、今乗っている車を売ることになりますが、この場合車を「下取り」に出すか「買取」に出すか2つのケースがあります。

 

車買い替え時期の下取り

車下取りとは・・・

 

今度新車を買うディラーに、今まで乗っていた車を引き取ってもらうことを下取りと言います。

 

メリットとしては、購入するディラーに引き取ってもらうので手間がかからないことです。また新車が納入されるまで車に乗ることができます。これが最大のメリットと言えます。
反対にデメリットとしては、下取り価格は安い値段しかつきません。当然ですが、新車が納入されるまで乗ってもいい差額を含んだ価格になっています。
下取りに出された車は、ほとんどが自動車オークションに出されてしまうため、


オークションの相場より安く見積もった価格が買取参考価格になります。

 

自動車オークションでは人気車以外はまるで安くしか売れないために
だいたい安値で下取り価格は設定されます。当然プレミア車や走行の少ない車でも考慮されず一律安い価格で下取りされることになります。

 

 

ディーラーでの下取りは自社の中古車販売店で下取りした車を売ることが多いのですが、
そうすると、他社の車は整備コストがかかるため、きちんとした保証つけられず

最終的にオークション出すか、廃車してしまうために安値もしくは、廃車費用を請求されることもあります。

 

 

 

 

 

車買い替え時期の買取

車買取とは・・・

 

車を買取に出す場合は、ガリバーやカーチス、アップルなどの車買取専門店に車を売ることを言います。

 

メリットとしては、専門販売店を持っているため、高額な買取額が出やすく、すぐに現金が必要な場合や次に車の購入がなくても車の処分をする場合でも売ることができます。
デメリットとしては、新車を買う場合、納車までの時間車がない時期ができるか、新車が納車されてから売るかになるのでタイミングを見て買取店に出す必要があります。

 

車買取は下取りと比べて、どうして高く車を売れるのでしょうか?

 

車買取専門店では、買い取った車を自社で整備でき、
色々な専門車ごとの独自の自動車販売網を持っているので
オークションに出すことがなく、自社の必要な車を買い取るので、より高額で買い取ることができます。

 

また、ディーラーと違ってどのメーカーの車も販売でき、
自社工場で整備することで中古販売するまでのコストが大幅削減できるので高額買取ができます。

 

 

 

 

 

車買い替えのときの車買取店の上手な利用方法とは

 

車売るときの上手な利用方法

車買い替え時期が来て車を高く売りたいときは、中古車買取専門業者を利用するのが良いという上記説明していますが、
では実際に高く車を売るときにはどうしたらいいのかを考えてみましょう。

 

たいてい車を買い替える時、車を売ろうと考えて、近所のガリバーなどの中古車買取専門店に行って
車を持ち込んで査定見積をしてもらって検討してみて車を売る、という流れが一般的です。

 

ですがこれでは損をするケースもあります!

 

 

車買取専門店の悩み

 

中古車買取専門店ではそれぞれ独自販売網での買取額の基準にしているので、
同じ車で買取を依頼しても、買取価格に差がでてきます。
車種によっても大きく違いがあり、買取額が50万円以上も差が出てくるケースまであります。
ミニバン専門の買取業者はミニバンには高額査定を出しますが、ほとんどあつかいのないスポーツカーなどは安くしか査定はつきません。
自社の販売網ですぐ売れる車なら高く買取をしてくれますが、販売網のない車を売ることが難しいので苦手なんです。
なので、売るときには何店舗かの買取店に持ち込んで相見積で査定してもらうのがベストということになりますが、
それだと時間や手間がすごくかかります。
特に仕事している人には難しく、最初に買取をお願いしたところが一番高値だとまた戻らなきゃいけなかったりもします。また1件ごとお断りするのも骨が折れます。

 

 

 

そこで車買い替えのとき、今主流になっているオススメの車買取方法は・・・
【車買取一括査定サイト】を利用するということなんです!
車買取一括査定サイトを利用しよう

車買取一括査定サイト利用法

 

【車買取一括査定サイト】とは、車買い替えをしたい人が簡単な車の情報を入力するだけで
10社程度の車買取店から一括で査定がもらえる便利なシステムになっています。

 

査定額は即、メールや電話などで連絡をもらうことができるので、手間がかからず家に居ながら、どこの買取店が一番高額になるかが分かるシステムなので、スムーズに車を売却することができます。

 

最終的には、一番高額な査定額を出してくれたところに、車を売ればOK!ですが、車買い替えを検討している場合、売ると損だと思えば売らなくても済むので損得を調べるのにも役に立ちます。
車買い替え時期は車によっても損得は違ってきますから、車買い取り額と相談して一番高く売れる時期に売るのがいいですし、もう少し先でもいいと判断できる場合もありますので、自分の車の買取査定額を知ることは大切です。

 

 

 

 

ちょっとここでアドバイス!

 

車買取店に売りに出す前に『車査定相場』を事前に知っておくと便利ですよ。
『車査定相場』を知っておけば、実際に出た見積額が適正かどうか判断できますよ!

 

 

☆『車査定相場』を知るならココがオススメ☆

 

※入力したらすぐに『車買取相場』が分かります。

 

できるだけ損したくない!車を高く売りたい人のために

 

より高額で売って車買い替える

【車買取一括査定サイト】を利用すれば、めんどくさいことはなく、高く車が売れることはわかりましたよね。

 

ではこの
【車買取一括査定サイト】をもっと賢く利用して、車買い替え時期に来たら、もっと高く査定をもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

 

それは・・・

複数の【車買取一括査定サイト】で相見積してみることなんです。

 

車買取複数相見積

【車買取一括査定サイト】では、それぞれで提携している車買取専門店が違います。
もちろん大手の重複もありますが、地域の車買取店が違ってきます。

 

よって、車買い替えるときに高額な買取査定を追求するなら、より多くの買取店に査定してもらうのが一番の方法なので
【車買取一括査定サイト】に複数に相見積する方法がオススメというわけなんです。

 

車買い替え時期に来て、車売りたいと思って複数の業者に申し込むと少し手間がかかりますが、実際に持ち込むことに比べれば断然楽ですよね。
もし可能でしたらぜひこの方法を試してみてください!!

 

オススメの【車買取一括査定サイト】ランキングを紹介します

 

車売る人気ランキング

<車買い替え時期絶対得する売り方とは 人気ランキング>

ズバット車査定

【提携業者数】215社

【最大査定申し込み数】10社
【査定業者選択】可能
ズバット車買取比較は株式会社ウェブクルーが運営する車買取一括査定サイトで、
車買取比較以外にも「保険見直し本舗」「引越し比較」「バイク買取比較」など多くのサービスを提供している会社です。
ガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、アップルなどの大手買取業者から地域の買取業者まで幅広く提携しているので、効率よく査定申し込みができるのが特徴です。
累計利用者数100万人以上、困ったときのカスタマーサポートもあるので安心。
オークション形式で買取価格を競っていくので実際に一括査定の料金差が50万円以上になることも!
高額買取を目指すなら【ズバット車買取比較】を利用すればまちがいありません!

 

ズバット

 

かんたん車査定

【提携業者数】約50社

【最大査定申し込み数】10社
【査定業者選択】不可
かんたん車査定ガイドは株式会社エイチームライフスタイルが運営する車買取一括査定サイトで、
親会社の株式会社エイチームでは、引越し侍、すぐ婚ナビ、自転車通販cymaサイマなど多くのサービスを提供している会社です。
提携業者数は少なめですが、ほとんどJADRI(日本自動車流通研究所)会員の業者なので信頼感があります。
※JADRI:日本自動車流通研究所は中古車の円滑な流通を目指し、ユーザと事業者にとって有益な情報を提供しています。
そして、かんたん車査定ガイドの一番のオススメポイントは申し込み完了後すぐに車買取相場がわかるというところ!
信頼できる業者に申し込みでき、まず、車買取相場を知りたい人にもおススメです。

 

かんたん車査定

 

カーセンサー

【提携業者数】約530社

【最大査定申し込み数】30社
【査定業者選択】可能
カーセンサーは有名なので皆さんご存知の株式会社リクルートホールディングスが運営する車買取一括査定サイトです。
ネットが普及する前の中古車情報誌の代表と言えばカーセンサーを思い出す人も多いんじゃないでしょうか。
老舗な会社だけに中古車に関する情報も豊富にあり、提携業者数は他サイトとは群を抜く多さが特徴で、地域密着店やスポーツカー専門店など多種の業者が参加しています。
以上の特徴から、カーセンサーは大手買取業者の査定額に満足できなかった人にオススメです!

 

カーセンサー

 

 

 

 

カービュー

【提携業者数】212社

【最大査定申し込み数】8社
【査定業者選択】可能
カービューは株式会社カービューが運営する車買取一括査定サイトで、親会社は誰もが知っている有名なYAHOOヤフー。
ヤフーの自動車カテゴリーを開くとカービューが見れるので知っている人も多いのではないでしょうか。
知名度抜群なので累計利用者数も390万人突破し、利用実績数が一番多いサイトです。
提携している業者の幅が広いのが特徴で、査定会社のバラエティを増やしたいときにはオススメ。
また、事故車などの不動車やトラック、バス、重機なども専用に査定してもらえるので、幅広く利用できるのが特徴です。

 

カービュー

 

 

楽天オート

【提携業者数】約100社

【最大査定申し込み数】10社
【査定業者選択】可能
楽天オートは楽天市場で有名な株式会社楽天が運営する車買取一括査定サイトです。
ここの一番のおすすめポイントは、申し込み時と成約時にそれぞれ楽天ポイントがもらえるというところ。
申し込み時に5ポイント、査定額に納得して成約になると1500ポイントの楽天ポイントがもらえるんです。
楽天市場でよく買い物する人はかなりお得になりますよね。
楽天の車買取は新しいくサービスが始まっていますが提携業者数も年々増え、今後注目です。

 

楽天オート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何年目に車を乗り換えるのがベストか?損得で考える車買い替え時期

 

では、車買い替え時期でいつが一番得で損をしないのか考えてみます。
車の買い替え時期を検討するケースで多いのが車検と家族構成の変化がありますが、
車検による車買い替えを検討するケースが多くなると思います。

 

車検は新車で購入した場合、3年目に一回目の車検がきます。
次が2年後の5年目、そして、7年目、9年目、11年目と続きます。
車は一般的に86%の人が12年目以降乗らないので、
3年目、5年目、7年目、9年目、11年目のどこかで車を買い替えしていることになります。
中古車市場をみればわかると思いますが、中古で車が売れるのは3年落ちから5年落ちくらいの車が中心です。
一方中古車で一番台数の多いのは5年落ちから8年落ちです。
中古車を買う人も少しでも長く乗りたいと思うので、7年落ちだとコストもかかることが想定され乗っても6年までとなれば、
もっと長く乗れる5年落ち、3年落ちで探すのも当然です。
3年落ち、5年落ちだと中古車でも高いんじゃないかと考えますが、人気車以外の中古車は意外と安く買えるものなんです。
そのわけは買取店のところで少し説明しましたが、ディラーが安く買い叩いた不人気車がお買い得価格で売られています。
ディラーは自社の車は価格を安定させるため安く売りませんが、売れない他社の不人気者はすぐ処分したいので、3年落ちでも驚くぐらい安く売られることがあります。

 

このように、買い替え時期は車の車種によっても時期がずれてくるのが当然です。
不人気車で新しくても安くしか買い取ってもらえない車は、なるべく長く乗るのが一番お得です。
消耗品の部品交換を気をつけていれば、今の車は13年以上乗れますから、
このケースでの車買い替え時期は、損をしないのは13年目ということになりますね。

 

また逆に人気車は年式が新しいほうがより人気が高く、高額取引されます。
なので3年落ちでもあまり新車と変わらないような価格で売られています。

 

人気車はどこの買取店も欲しがりますから、当然買取価格も高くなります。
3年落ち、5年落ちの人気車に乗っている場合は、このくらいの時期に売れば、
予想以上の高値が付き、次の車の買い替え費用の補てんとしても十分になります。
特にプレミア車などに乗っている人は買取一括査定で思いがけない高額が付きます。

 

たとえ人気車といえど、7年目以降となるとグンと買取価格も落ちてきますので
5年目で買い替えを検討するのが損は少なくなりますね。

 

7年目以降乗る場合は、メンテナンスコストもかかってきますので
乗り続ける場合は、しっかり部品交換はして長く乗ることを考えたほうがいいかもしれません。

 

車買取で値段がつくのは人気車では9年目くらいまでなので
車買い替え時期としては9年目が最終って考えるといいかもしれません。

 

9年落ちだと中古でも買う人がグンと減るため買取店でも敬遠されがちです。
最近は海外輸出向けニーズもあるため、車種や走行距離でも差がありますので
一度ダメもとでも買取価格の見積はもらっておくのがいいですね。

 

家族構成が変わって車買い替え時期を検討する場合

 

 

家族構成が変わって車を買い替える場合、計画的な買い替えを検討することが大切です。
子供が生まれてから車を買い替える場合、3年後、5年後、3歳、5歳ですので
スライドドアのミニバンを買った場合は、そのまま乗り続けるのがベストです。
7年目、9年目、7歳、9歳になってくると、おとなしく車に乗ることができるようになるので
ミニバンからセダンに乗り換えてもいいかもしれません。
ミニバンは人気車ですので下取りも付きますので、7年目に買い替えるのがベストだと言えます。
買い替え時期としては、7年後子供が7歳での車買い替えになりますね。
子供の小学校入学も終わりひと段落している時期なので、車買い替えを検討してもいいと思います。

 

子供の成長に合わせるのなら、7年後セダンに買い替え、次の7年後、子供が14歳に少しゆとりのあるセダンに買い替えるとその後の買い替えも楽になります。
すこしゆとりのあるセダンに買い替えたら、9年目まで乗り、子供が23歳になりますので、親からも離れ、一緒に出掛けることも減りますので、
夫婦二人になったら、燃費のいいコンパクトカーに乗り換えてもいいかもしれません。
この頃になると車のメンテナンスや税金費用もコミコミのカーリースを使ってコンパクトカーに乗ることも、お得で楽な車購入方法だと言えます。
もし、車が好きでアウトドアが好きな方は、キャンピングカーに買い替えるなんて案もありだと思います。
ライフスタイルに合わせて車を買い替える場合は、計画的に車を買い替え、支出が被らないようにすると経済的に楽に車の買い替えができます。

 

 

 

下取りで値がついて車を買い替えたいなら

もし、あなたが、今乗っている車の下取り額をアテにして新車に乗り換えたいなら、
2回目の車検までに車を買い替えるのが理想です。

 

車の査定額は年々下がりますが5年目の車検以降でガクンと落ちる傾向があります。
基本的には新車購入4年目から次の車の買い替えを検討しはじめ、
5年目の車検が来る前に買い替えすることができれば理想的です。

 

中古車を買う人の立場で考えれば必然的にわかりますが、3年落ちの車ならまだ新しいと感じ、価格も高くて当然と思います。
5年落ちくらいが少し買いやすい価格で比較的新しい車が買えると感じますが、
7年落ちクラスになるとお買い得価格じゃないとなかなか手を出さなくなります。
7年落ち以降になるとモデルチェンジもあり、いかにも旧型である感があり安くないと買いません。
なので、バランスを考えれば5年落ち前に買い替えしてしまえば買取価格も高く売ることができ、新車購入費用に充足できます。

 

 

車買い替えのきっかけ

赤ちゃんが生まれたら、車はミニバンが一番ベストです。
赤ちゃんが生まれたことをきっかけに車を買い替える人は多いですね。
赤ちゃん
おむつ替えやベビーカーの積み下ろしなどミニバンが一番楽ですよね。

 

また家族が多い場合もミニバンが一番です。家族が増えたことで車を買い替えることになるケースも多いですね。
家族
ですが、子供も独立して夫婦二人になったら、燃費のいいコンパクトカーや乗り心地のいいセダンなどがいいでしょうね。

 

ライフスタイルによってもそうですが、年式の新しい車でも故障しがちな車だったり、人気車に乗っている場合などは、早目に買い替えるのが断然お得だったりします。

 

車にも当り外れがあって、7年も過ぎるとあちこちメンテナンス費用がかかる車と、全く故障しらずでオイル交換ぐらいしか費用のかからないこともあります。

 

ほとんどの人は車検のタイミングで車の買い替え時期を検討します。

 

3年目、5年目、7年目、9年目。車検のたびに今年はどうしよう?って車買い替えを検討します。

 

ですが、車検を通したあと1か月後くらいに車の不具合が発生するなんてことはよくあります。
私も何度も経験しました。

 

7年目の車検を通したあと、ミニバンのオートスライドドアが故障し修理に9万7千円もかかりました。
お金
ですが、車は買い替えの時期とタイミングさえ間違わなければ、損をせずに新車に買い替えることができます。

 

車の買い替え時期でベストはタイミングは、5年目と7年目が一番いい時期と言えます。

 

新しく乗り換えするのに、今の車を高く売りたいなら5年目。

 

経済的に低コストを考えて乗り換えするなら7年目がベストではないでしょうか。

 

車を買い替えする際は、今の車を下取りに出すと思いますが、高い下取り価格がつくのはやはり年式の新しい車です。

 

この5年目、7年目の車の下取り価格って、人によって買取価格が全然違うのってご存知ですか?

 

車を買い替える際に、今乗っている車を下取りに出すと思いますが、
このとき、車買取の一括査定サービスで車の買取価格を出した場合に50万くらい差がでるケースがあります。

 

この車買取一括査定サービスを利用することで、車買い替えでお得になるケースがあります。

 

車買い替えを検討する前に、今自分の車がいったいいくらで売れるのかわかっていると、車を買い替えるべきか、もう少し待つか決断できます。

 

愛着を持って乗っている今の車が買取価格が納得できない場合は、次の車検まで乗ったほうがいいでしょうね。

 

ですが、意外にも高値が付く場合、迷くことなく車買い替えをすると次に買う車の頭金として十分な資金となります。
今どきの車は普通に使っていれば壊れることはまずありません。

 

ですが、タイミングベルトの交換やオイル交換、タイヤ交換など消耗品の交換は必要になります。
特に車検の時にタイヤ交換が必要になると予想外に費用がかかることになります。
なので、車検とタイヤ交換が重なるなら車を買い替えることも検討する必要がありますね。

 

 

 

ですが、新車に乗り換える場合はそれ以上にまとまったお金が必要になります。

 

つまり、車は買い替えるよりも乗り潰すのが一番お金のかからないのかもしれません。

 

ですが、やっぱりみんな車って古くなってくると買い替えたくなりますよね。
そもそもお金の節約のためなら、車は所有せず、レンタカーやリースにするのがよっぽど費用はかかりません。
どうせ車を買い替えるなら、買取価格がつく時期に買い替えるのが一番経済的にはいいですよね。

 

まず今いくらで自分の車が売れるのか確認してみましょう。

 

意外な事実があることも知っておいてください。
車は新しいほうが高く売れますが、新車で買って1年くらいで売ると新車価格の半額くらいだったりすることもあり逆に損することもあります。

 

新車は買った時点で、中古ですから安くしないと売れません。
買う立場からすれば、新車価格と1年落ちの中古車の価格差がなければ新車を買いますよね。
それに新車は値引きして買えますから価格差はもっとなくなります。
なので新車を買った場合は、最初の車検までは乗ったほうがいいです。

 

 

車買い替えと車検に出して今の車に乗り続ける

 

 

車を買い替えるべきか、今の車を車検に出してもう2年乗るか?
毎回車検の度に考えます。

 

最近は長く同じ車に乗る人が多くなりましたね。
昔は、モデルチェンジの度に車を買い替える人が多く、トヨタや日産などどこも4年に一度のサイクルくらいでモデルチェンジをしていました。
2年に一度マイナーチェンジもするので車検の度に買い替える人も割といたように思います。

 

ですが最近はそんなに頻繁に車を買い替える人も少なくなりました。
メーカーのモデルチェンジのサイクルも長くなりましたね。

 

では、今の車にいつまで乗り続けるか。
問題はココです。

 

今乗っている車はあと何年くらい乗れるか。
基本的にきちんと消耗品の部品交換をしていれば今の車はほとんど壊れることはありません。
だから乗ろうと思えばいくらでも乗れるのですが、長くのればそれだけ修理代もかかります。
それと燃費も年々良くなっているので昔の車と比べると今の車の燃費は断然良くなっています。
なのでコストを考えると下取り価格も付くうちに新車に乗り換えようと考えます。

 

だいたい、5年、7年、9年目で車の買い替えを検討する人が多いですね。
じゃあ一体いつ買い替えるのが一番お得なの?
これは、人それぞれですし、乗っている車にもよりますので何とも言えません。

車買い替え時期の私のパターン

車を買い替える時期はパターンがあります。

 

まず車検。

 

5年目の車検と7年目の車検のときいつも車の買い替えを検討します。

 

理由は明白。

 

今乗っている車がまだ高く売れるのは7年目くらいまでだからです。

 

7年目までに売ると100万前後の買取価格がつくので、次に買う車の頭金にちょうどよくなります。

 

また、今回は赤ちゃんができたことで車を買い替えることになりましたので、子供の成長で車の買い替え時期を検討することもありました。

 

車はレガシーのツーリングワゴンに乗っていたのですが、

 

赤ちゃんを連れての乗り降りやおむつ替えなど不便を感じました。

 

また何よりも駐車場での乗り降りが大変だったので、ミニバンに買い替えることに決めました。

 

本当なら赤ちゃんが生まれる前にミニバンにすればよかったのかもしれませんが、
なかなかレガシーと手放すことができずにいたので赤ちゃんが退院後、
2か月で車を買い替えることにしました。

 

下取りで50万円だったレガシーが買取で102万だったことも後押しとなってミニバンに車を買い替えたのですが、
タイミング的にも良かったなって思います。

 

7年目の車でも買取では店によって100万以上出してくれることもわかりました。
車の買い替え時期は車検だけでなく、こういったタイミングもあるんだなって実感しました。